九州オルレ 九重やまなみコース  公式のサイトではありません
 宿が独自に調べて作成したページです

「オルレ」は韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味でトレッキングやウォーキングに近いものです。

オルレの魅力は、海岸や山などを五感で感じ、自分のペースでゆっくりとコースを楽しむところにあります。

九州オルレ 九重やまなみコースは2013年12月14日にオープンしました

九重町飯田高原の九重“夢”大吊橋から長者原・タデ原湿原までの12.2Km、標高差257m

高原、川沿い、農道、牧草地などを遠くに九重連山を眺めながら歩くコースです

宿・くじゅうエイドステーションは九州オルレ 九重・やまなみコースと朝日長者七不思議を組み合わせて歩くコースを提案します。



2017.5.13
イベント開催


受付 8:30〜
スタート 10:00

参加費:一人1000円

参加記念品:缶バッジ、ソフトクリーム割引券、
温泉入浴割引券

定員:300名

申込方法:九重町商工観光・自然環境課
 TEL:0973-76-3150 FAX:0973-76-2247
Mail:kokonoeolle@gmail.com


くじゅうエイドステーション
オルレイベント前日及び当日のご宿泊
当日のお弁当お受けします。

九州オルレのロゴ 馬をモチーフにしたオルレのシンボル  矢印 青が順路 赤が帰路 コース途中に目印のリボン

このページの作成者
宿・くじゅうエイドステーション


ご宿泊案内








九重“夢”大吊橋


朝日長者七不思議


長者原・タデ原の四季


九重やまなみ牧場


レストハウスやまなみ


九重町観光協会


九州オルレのページ

クリックすると地図が大きくなります
右クリックで名前を付けて画像を保存してから、印刷してご利用ください
                    スタンプも準備されています
全ルートを写真で紹介   
バス時刻表オルレを歩いた後、車を置いている出発地点に戻る
             または駅、高速バス停に行くためのバス時刻表

2014.8.31 飯田地区まちづくり協議会オルレウォーキング報告